オペラ座の怪人 1/7(土)夜:電通四季劇場[海]

ホントは今年の芝居初めは9日の「Shoes On!7」だったのだが、年末にキャストを確認すると石丸さんがラウルで出演しているではないか!!
CDでは何十回と聴いている石丸さんのラウル。でも一度も観たことがない!
石丸さんだから、前日予約もキビシイだろうな~と思いつつ電話してみると、あっさりGET!
ということで、ひょんなことから8ヶ月ぶりにファントムを観ることになりました。

前回、石丸さん出演の舞台を観たのは「アスペクツ・オブ・ラブ」
実はこのとき、正直言って「石丸さん老けたなぁ。。。」と感じていた。
なので、ラウルを観ておっさん臭さを感じても、多少は仕方がないと考えていた。
。。。しかし、どうしてどうして。ラウルはとても若々しい青年貴族でした。
若くて、クリスティーヌへの愛にあふれて、とってもすてき。。。やっぱりカッコイイ!!
念願だった石丸ラウルを堪能できました。
ちなみに「All I Ask of You」感動して涙が止まりませんでした。

それから他のキャスト。
クリスティーヌの高木実果さん。初めて拝見しました。
特に印象的ではなかったんだけど、いい感じだったなぁって余韻が残っています。
ちょっとした表情とかの芝居を細かくやってて、すごく作りこんでいる感じがしました。

ファントムの高井さん。
前回観たときは、妙に攻撃的な感じが全面的に出ているなという印象だったのですが、今回は色気とか哀愁とかが増していてるような感じがしました。
これはやっぱり「進化」と言って良いのかな?

アンドレは幾度となく観ている林和男さんでした。相変わらず、ちょっとなよっというかふにゃっというか。。。でも安定感は高いですね。
フィルマンは小林克人さん。小林さんって以前ちょっとラウルしてなかったかな?私の勘違いかもだけど。
ちょっと堅さのあるフィルマンでしたが、ところどころみせるにやっとした表情が、いやったらしくてフィルマンっぽかったです。
フィルマンは黒髪をなでつけて口ひげがあったのですが、「MOZART!」日生初演パンフにあったコロレド大司教(山口祐一郎さん)に通じるものを感じました。
#当時、うちの妹は山口さんの写真を観て「アヤシイ中国人」と評していました。実際のコロレドは全然違う感じになっていましたが。。。

あと、ムッシュー・レイエが立岡晃さんでした。
あぁ~ってなんだか見つめてしまいました。立岡さんの雰囲気ってすごく好きなんですよね。

しかし、前回観にいったのも「佐野正幸さんのラウルが観たい!!」で、今回は「石丸幹二さんのラウルが観たい!!」だから昨年から進歩はないなぁ。。。

追記:
カーテンコールで気がついたのですが、この日のマエストロは西野淳さん。昨年7月の「MOZART!」以来でした。久しぶり~って感じで。
でも、四季でもタクト振るんですね。これからも気をつけよう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オペラ座の怪人

    Excerpt: 今日は汐留へ「オペラ座の怪人」を観に行ってきた。 なんと、acckyと違って舞台を観劇するのは初めてだ![:イヒヒ:] しかも、「オペラ座の怪人」が、どんなお話かも全く知らない。 チ.. Weblog: Dream Factory racked: 2006-07-23 03:40